“安楽死”をめぐって(4)フリーライター・児玉真美さんに聞く(前編)

死 ドキュメンタリー 安楽 死 ドキュメンタリー 安楽

欧州では、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの三国が積極的安楽死が合法化されている。

13
また安楽死の協力者や仲介者も、刑法202条の「嘱託殺人罪」に抵触する。

NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」に関する声明

死 ドキュメンタリー 安楽 死 ドキュメンタリー 安楽

まだトイレに手を借りながらでも行けるならいい、いいってことはないけれど、便器に座って排泄するのと、紙おむつの中で排泄をするのは、全然違うこと。

9
そんなの自己決定でもなんでもありません。 もし、そうだとすれば、死とは何を意味するのであろうか。

NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」を観て。再放送や動画の見逃し配信を視聴するには?

死 ドキュメンタリー 安楽 死 ドキュメンタリー 安楽

その辺りは、海外の事例と照らすとどうですか。

その他では、ジャーナリストの宮下洋一『安楽死を遂げた日本人』(小学館、2019年)も参考になる。 だが、このドキュメンタリーは観るべきだと思う。

“安楽死”をめぐって(4)フリーライター・児玉真美さんに聞く(前編)

死 ドキュメンタリー 安楽 死 ドキュメンタリー 安楽

そして苦痛緩和の観点からは、肉体的苦痛にとどまらない精神的苦痛緩和やへのケアも提供される必要があります。

7
自分というものを外に開いて、いろいろな人とのかかわりの中で、自分を見出しながら暮らしていると思うんですね。 「尊厳死」という言葉が、日本のメディアに登場したのは、1976年の米国のニュージャージー州でのカレン・クインラン裁判である。

“安楽死”をめぐって(4)フリーライター・児玉真美さんに聞く(前編)

死 ドキュメンタリー 安楽 死 ドキュメンタリー 安楽

家族は本人の意志を尊重してを受け入れる。 スイスでを施行する前に、医師が彼女に、確認した言葉が印象的で忘れられない。

8
その後、自殺未遂を繰り替えすようになった。 6月2日(日)に放送されたNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」。

「安楽死」を扱ったNHKのドキュメンタリー番組が自殺を肯定する内容で、障...

死 ドキュメンタリー 安楽 死 ドキュメンタリー 安楽

時事通信 2017年11月29日•。 なお、今回ニュースでもまた報じられた「消極的安楽死」という言葉ですが、最近の考えでは「治療の差し控えと中止」と呼ばれ、使用されなくなってきていますが、狭義の安楽死つまり医師が致死的薬物を使用して死に至らしめること(つまり今回のようなケース)とは実際にはだいぶ違いがある行為です。 安楽死運動は同時代の植物人間・老人の問題と連動してマスコミに活発に取り上げられるようになった。

4
5年前に病気を告知された。 延命治療の技術が進歩し、納得のいく最期をどう迎えるかが本人と家族に突きつけられる時代。