ことわざ格言:亀の甲より年の功。意味・説明

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

ことわざの意味を考えるのも楽しいですし、逆に普段よく使う言葉の表現にはどんなことわざが置き換えられるのかを考えることも楽しいですね。 pixivision• 「麒麟(きりん)」という漢字もありますが、これは古代中国に伝わる想像上の動物のことで、このことわざには使いません。 2021-03-01 19:41:47• ですので、それに耳を傾け、そこから多くのものを学ぶべきである。

6
「 おばあちゃんの知恵袋」 なんて言葉もあるくらいですし、 ご年配の方のアドバイスには、 素直なこころで耳を傾けたいものですね。 前漢の劉向(りゅうきょう)が編纂した『戦国策』のうち、『斉策』の一節「麒麟之衰也、駑馬先之(騏驥の衰うるや、駑馬これに先だつ)」に由来します。

亀の甲より年の功

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

「亀の甲より年の劫」とも書く。 「劫」というのはきわめて長い時間をあらわしています。

2
【出典】 - 【注意】 「亀の甲より年の効」と書くのは誤り。 おじいちゃん、おばあちゃんになると、 やはり若い人よりは能力は低くなるのが通常です。

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

では、なぜ「亀の甲より年の功」と言っているかというと、これは リズム感を生むための単なる語呂合わせだというのです。 そして「ことわざ」自体も、この先もずっと受け継がれていくとうれしいです。 しかし、老人は長く生きてきたがゆえに豊富な経験を持っています。

16
スポンサードリンク 由来について 年長者の言葉を尊重する、というのは分かります。

亀の甲より年の功

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

今回は以上です。 「年の功」の比較対象として「亀の甲」が出てくるのはなぜでしょうか。 誤用例 「亀の甲より年の功というもので、数年前までは楽にできた登山も今は足が痛くて登れないよ」 【類義】 烏賊の甲より年の功/医者と坊主は年寄りがよい/医者と味噌は古いほどよい//馬に道をまかす//蟹の甲より年の功/経験は学問にまさる//松笠よりも年嵩/無駄に鳥居の数をくぐらぬ/ 【対義】 【英語】 Age and experience teach wisdom. 「甲」は、甲羅のことで、「甲」と「劫」の同音をかけてできたことわざ。

医者と味噌は古いほどよい :年月を経た古いものは貴重であり、経験が豊富なものは有用であるということ などがあげられます。 老馬 ろうば の智 ち :無能に見えても人生経験を積んだ老人は、物事の判断を誤 あやま らないということ まとめ 以上、この記事では「亀の甲より年の功」について解説しました。

年の功 (としのこう)とは【ピクシブ百科事典】

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

「亀の甲より年の功」の類義語としては、• その小学生は、おじいちゃんやおばあちゃんから様々な生活の知恵を教えてもらって、 亀の甲より年の功だということを実感した。

「亀の甲より年の 功」は、本来「亀の甲より年の 劫」と書き、「 長年かけて積んできた経験は貴く、価値がある」という意味のことわざです。

亀の甲より年の功

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

円熟した夫婦は、 亀の甲より年の功で、どうすれば夫婦がケンカをせずに仲良くやっていけるか熟知しているものだから、いろいろ聞いてみたら良いだろう。

8
(^^ゞ ・・・・・・・ ちなみに「亀の甲より年の功」をパソコンで打ったり、辞書を引いたりすると「亀の甲より年の劫」って出ませんか? 「 あれ?Googleさんがまさかの漢字ミス?」 と思うかもしれませんが、実は本来「亀の甲より年の劫」の方が正しかったのです。

亀の甲より年の功とは?どんな由来がある?

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

この「劫」の表記が簡略された結果「亀の甲より年の功」という表記が使われるようになりました。

18
「亀の甲より年の功」の意味 「亀の甲より年の功」とは、 年長者が長年培って来た知識や経験はとても貴重で価値があるという意味です。

【亀の甲より年の功】の意味と使い方の例文(語源・類義語・対義語・英語訳)

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

亀 かめ の甲 こう より年 とし の功 こう : 長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ 「亀の甲より年の功」の意味を詳しく 「亀の甲より年の功」とは、 「長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ」を意味することわざです。 Sponsored Link まとめ 今回は「亀の甲より年の功」の意味や使い方について紹介しました。 会話の中にことわざを織り込むのはカッコ良いですが、少々難しい点もあります。

1
つまり、亀は万年生きると言われていても、所詮「亀の甲」は甲羅でしかなく、人間は八十年程度の寿命であっても、 年配の人たちが経験から得た知識はとてもためになるため、価値があり、尊敬するべきであるという教訓です。 いろいろ人生で悩んだことがあったので、祖父に相談したら、ものすごく良いアドバイスをもらうことが出来た。

ことわざ格言:亀の甲より年の功。意味・説明

ことわざ 年の功 ことわざ 年の功

また、「こう」に「効」という漢字は使いません。

16
「劫」は、きわめて長い時間。 高齢者、先輩、親など年上の人達は、長く生きている分、より多くの経験値を持っているので、話をちゃんと聞くことは大切だよと伝えたい時によく使います。