ミネブロ錠1.25mg

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

(特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 構造が非ステロイド骨格 セララ• 取扱い上の注意 錠剤表面には使用色素により、黄色の斑点がみられることがある。 社内資料:中等度腎機能障害のある高血圧症を対象とした第III相試験成績(2019年1月8日承認、CTD2. 5mgを1日1回投与へ増量し、効果不十分な場合は、5mgまで増量することができる。

3
人により副作用の発生傾向は異なります。

ミネブロ錠1.25mgの添付文書

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

7円 禁忌• 用法用量と注意点 「通常、成人にはエサキセレノンとして2. 重大な副作用: 高カリウム血症(1. このような特性から、選択的MR拮抗薬とされます。

強いCYP3A誘導剤 リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピン等、セイヨウオトギリソウ セント・ジョーンズ・ワート 含有食品 St. 4) この点に関しては、ミネブロ発売後も引き続き同じ位置づけのままだと思われます。

【ミネブロ(エサキセレノン)ってどんな薬?】セララやアルダクトンとの違いを比較する!|薬剤師の悩みを解決するサイト|HitouchMedi

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

高カリウム血症..だるい、手や唇のしびれ、脱力、吐き気、下痢、息切れ、脈拍低下、脈の乱れ、不安感、取り乱す、けいれん。 禁忌項目がエサキセレノンの方が少ない。 重度腎機能障害• おまけ:一包化・粉砕・簡易懸濁法 一包化:可 一包化は可能である。

14
効果不十分な場合は、5mgまで増量することができる。 その他、併用注意もいくつか。

医療用医薬品 : ミネブロ (商品詳細情報)

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

3) 添付文書には、以下のように記載。

5
この圧力が一定以上に高い場合高血圧となります。

ミネブロ(エサキセレノン)の作用機序・特徴:セララとの違い【高血圧】

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

椅子取りゲームのように MRをふさいでしまいます。 comの無料登録だけで、 3000円分のAmazonギフト券プレゼント中!. 類薬のセララ(エプレレノン)で投与禁忌とされている患者( 中等度腎機能障害合併高血圧患者、 アルブミン尿を有する糖尿病合併高血圧患者)でも投与可能である点。

16
主要評価項目は「12週時の座位血圧(収縮期及び拡張期)のベースラインからの変化量」で、セララに対する ミネブロ2. ミネブロの適応は高血圧症のみですので、セララの完全な代替にはなりません。 略してMR拮抗薬。

ミネブロ錠5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

・アルダクトンとの違いは、MR選択性が高く、女性化乳房や月経異常などの副作用起きにくいことです。

12
つらいときは医師とよく相談してください。 薬ではありませんが、健康食品のセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)にも同様の性質があります。

ミネブロ(エサキセレノン)の作用機序・特徴:セララとの違い【高血圧】

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

リチウム製剤 炭酸リチウム リチウム中毒を起こすおそれがあるので、血中リチウム濃度に注意すること。 アルダクトンAとの違い アルダクトンAは、MR選択性が低い薬です。

9
MRにアルドステロンがくっつくと、ナトリウム(Na)が尿から血液に運ばれる量が増えます。

【高血圧】 ミネブロとセララの違い

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

1参照〕。 セララという名前は「Selective aldosterone receptor antagonist」より命名• 微量アルブミン尿又は蛋白尿を伴う糖尿病患者• 添付文書には、以下のように記載。

13
使用上の注意 禁忌• 4) ガイドラインでは、以下の生活習慣を改善することが推奨されています。 ] 4 重度の肝機能障害(Child-Pugh分類クラスCの肝硬変に相当)のある患者[高カリウム血症等の電解質異常が発現するおそれがある。

ミネブロ錠1.25mgの添付文書

添付 文書 ミネブロ 添付 文書 ミネブロ

重度の腎機能障害• よく用いられる薬剤としては、 ARBもしくは Ca拮抗薬の単剤もしくはそれらの併用療法だと思います。 1 その他、MR拮抗薬は 心不全の予防改善効果が示唆されていて、心不全の治療ガイドライン 2 でも推奨されています。 4) なので、ただ単に血圧を下げるだけではなく、脳梗塞や心筋梗塞にならないことを目標に治療を行います。

9
用法及び用量に関連する注意• 73㎡未満 のある患者:より頻回に血清カリウム値を測定すること 高カリウム血症の発現リスクが高まるおそれがある 〔7. カリウム保持性利尿剤 スピロノラクトン (アルダクトンA) トリアムテレン (トリテレン) カンレノ酸カリウム (ソルダクトン) アルドステロン拮抗剤 エプレレノン (セララ) [参照] 血清カリウム値が上昇するおそれがある。