神とは宇宙に満ちる愛のエネルギー

に 愛 され た 子 神 に 愛 され た 子 神

相続人が子供である間は、全財産の持ち主でありながら、僕となんの差別もなく、父親の定めた時期までは、管理人や後見人の監督の下に置かれているのである それと同じく、わたしたちも子供であった時には、いわゆるこの世のもろもろの霊力の下に、縛られていた者であった。 使徒パウロは、いつまでも残るものは信仰と希望と愛だと述べました。

2
そのことについて、聖書は次のように言っています。 エロスの哲学者プラトンが生涯、真実在との出会いを求め続けたあげく、「生より死が望ましい」という一見奇怪な結論に達したのは、その意味では当然の成り行きであった。

神愛ホーム

に 愛 され た 子 神 に 愛 され た 子 神

それが私たちの生み出された意味であり、存在している意味でもあるのです。 崇高で偉大で、どの神よりも卓越した力を持つ神であった。 「 神は実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。

13
しかし、その神のご計画の性格はあなたに神の祝福の総称としての「平安」 シャーローム を約束するものです。

神愛ホーム

に 愛 され た 子 神 に 愛 され た 子 神

しかし、この解釈にはいくつかの問題点があります。

16
キリストがあなたのためにしてくださったことについて聞き、キリストを信じるのであれば、あなたは神にとって愛する子どもとなります。 堕落した天使、つまり「 」と呼ばれる存在は、人間の女性に働きかけて「アブノーマルな子ども」を産ませることができます。

三重の愛としての神の存在とアウグスティヌスの哲学における父と子と聖霊という三位一体の神、愛と神とを結ぶ哲学的な議論②

に 愛 され た 子 神 に 愛 され た 子 神

』 さて上記を読みますと、私たちは息子として置かれることを待っているようであり、いっぽうガラテヤ人への手紙では、イエス・キリストが来たので、私たちは息子としての位置を 受け取ったとあり、ヨハネのほうでは私たちは いまや神の子だと言っていますので、これはどちらが本当なのか、まったく混乱しやすいことがらです。 これら二つの愛は、その本質において一つであることを、イエスは自らの生涯を通して示しました。

3
』それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、 ただ神によって生れたのである。 宇宙こそ、すべての存在の親なのです。

人は、神の子である。

に 愛 され た 子 神 に 愛 され た 子 神

「天使は結婚しないのではないか」という疑問があるのですね。 悪霊と人間の娘の雑婚によって誕生したのが、「 」という「超人」です。

6
以上のような理由で、私は第1番目の解釈には大いに疑問を感じています。

神の動機は100% 愛

に 愛 され た 子 神 に 愛 され た 子 神

そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。 5節 「神は、ただみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられたのです。 キリスト教はこの不可能に挑戦し、「己のごとく汝 なんじ の隣人を愛すべし」と命じる。

それが愛の思いを開放することであり、神の子としての自分自身に正直に生き切ったときに、本来の幸福感が得られるのです。 けっして偽善に陥ることのない愛は、自己愛的なエロスのみで、ピリアは、エロス的要素を失う度合いに応じて、虚偽の愛に陥りがちとなる。

愛と公正の神

に 愛 され た 子 神 に 愛 され た 子 神

ですから私たちはそれをまだ待っているので、神の養子とはされていないのです。

11
私には、善な主人公ではなく、見た目やチート能力がすごいだけの普通の主人公にしか思えませんでした。