ジルーの豪快バイシクル弾でチェルシーが敵地で先勝! 8戦連続失点のアトレティコは今季初の連敗…《CL》(超ワールドサッカー)

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

CL決勝トーナメントはセカンドレグを含めた「180分の戦い」と言われるように、最後まで拮抗した展開が続く可能性も十分にある。 0 フロイラー退場後はボランチでプレー。

10
僕たちはプラン通りの試合をしようと試みたが、自分たちのチャンスを生かし切ることができなかった。

CLアトレティコ対チェルシーはãƒ

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

5 守備では普段通りハードワークをこなしたが、相手の守備の強度に苦戦して持ち味の展開力を生かせず 25 フェルナンド 5. 一方、無理に追加点を狙わずにこの1点を守り抜く姿勢を強く打ち出したチェルシーはマウント、コバチッチに代えてカンテとツィエクを、さらに試合終盤にかけては殊勲のジルーらを下げてハヴァーツやリース・ジェームズの投入で試合を締めにかかった。 この2点がチェルシー勝利の大きな要因だろう。

5 微妙なハンドはVARでノーファウルに。

アトレティコ・マドリード対チェルシーについて知っておきたい7つのこと (2021年2月23日)

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

アトレティコは最後にリーグ制覇を果たした2013-14シーズンに迫る勢いで勝ち点を積み重ね、リーガ・エスパニョーラで首位をキープ。 0 1アシストを記録するなどいつも通りチームの重要な攻め手に。

7
守備では身体の強さと気迫を見せた MF 56 サーレマーケルズ 6. GKも使ったビルドアップからシンプルに左サイドへ展開し、オリヴィエ・ジルーの正確な頭でのポストプレーも使ってマテオ・コヴァチッチがボールを運ぶ。

チェルシー、ピンチの芽を全部摘む大作戦。不振アトレティコを苦しめた“戦術”とは?【CL分析コラム】(フットボールチャンネル)

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

守備でもきっちり身体を張った 17 コバチッチ 6. チェルシーはメイソン・マウントが開始1分でイエローカードをもらってしまったが、以降はカードが出ないギリギリの強さと激しさのタックルをタイミングよく繰り出してアトレティコを苦しめた。 彼は20歳かのようにトレーニングに勤しむんだ。

17
一方、後半も後ろに重いアトレティコだが、58分には自陣からのロングカウンターが発動。

【予想スタメン・注目選手】アトレティコ・マドリーvsチェルシー|CLラウンド16第1戦

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

渡航制限の問題で中立地開催となる一戦は、両者ともに中2日というタイトなスケジュールで行われる。 6戦ぶりの失点を喫したが、個人としてはシュートストップ、ハイボール処理と安定していた DF 16 ヘスス・ナバス 5. 5」刻みで評価。 過去7試合の成績は2勝3分け2敗、得点も失点も「11」と全くのイーブンだ。

20
また準々決勝への勝ち抜けオッズについても、アトレティコは「2倍」、チェルシーは「1. これに対し、アトレティコは守備に軸足を置いた戦いで挑み、元々武器としていたカウンターに望みをかけていた。

アトレティコ・マドリード対チェルシーについて知っておきたい7つのこと (2021年2月23日)

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

0 攻守両面でハイパフォーマンスを披露。

4
幾度かビルドアップの場面で強い圧力を受けたが、冷静に繋いだ DF 28 アスピリクエタ 6. アトレティコ・マドリーvsチェルシー|無料視聴方法 2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・決勝トーナメントはWOWOWにて全試合生中継・配信される。

チェルシーが接戦を制しアトレティコに先勝!…ジルーが値千金のオーバーヘッド弾(SOCCER KING)

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

いや、「6バック」と言うべきだろうか。 チェルシーはトーマス・トゥヘル監督が就任して以降、3-4-2-1を基本システムに安定したポゼッションサッカーを展開している。

16
アタランタ 0-1 レアル・マドリー 【レアル・マドリー】 F・メンディ 後41 2021. あっちで2ゴールを決めれば、僕たちは突破できるんだから。 謀略家トゥヘル恐るべし、である。

【予想スタメン・注目選手】アトレティコ・マドリーvsチェルシー|CLラウンド16第1戦

チェルシー アトレティコ チェルシー アトレティコ

超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 すると68分にチェルシーの先制点が生まれた。

守備の強度も高かった 21 チルウェル 6. (文:舩木渉) 【了】. 5 前半はチーム全体のボールロストの多さも影響してか、なかなか高い位置に攻め上がって攻撃に絡めず。 英国大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』が発表するオッズ(日本時間23日正午時点)を見ても、ファーストレグの勝利オッズは、アトレティコが「2.。