新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律案 令和2年3月10日閣議決定

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

23 施行• )に対し、当該施設の使用の制限若しくは停止又は催物の開催の制限若しくは停止その他政令で定める措置を講ずるよう要請することができる。

19
(特措法第1条)また、令和3年2月に新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえた、より実効的な感染症対策を講ずるため、法律及び政令の改正が行われました。 この場合において、同法第2条の見出し中「特定非常災害」とあるのは「特定新型インフルエンザ等緊急事態」と、同条第1項中「非常災害の被害者」とあるのは「新型インフルエンザ等のまん延の影響を受けた者」と、「法人の存立、当該非常災害により相続の承認若しくは放棄をすべきか否かの判断を的確に行うことが困難となった者の保護、」とあるのは「法人の存立若しくは」と、「解決若しくは当該非常災害に係る応急仮設住宅の入居者の居住の安定」とあるのは「解決」と、「特定非常災害として」とあるのは「特定新型インフルエンザ等緊急事態として」と、「特定非常災害が」とあるのは「特定新型インフルエンザ等緊急事態が」と、同項並びに同法第3条第1項、第4条第1項、第5条第1項及び第5項並びに第7条中「特定非常災害発生日」とあるのは「特定新型インフルエンザ等緊急事態発生日」と、同法第2条第2項、第4条第1項及び第2項、第5条第1項並びに第7条中「特定非常災害に」とあるのは「特定新型インフルエンザ等緊急事態に」と、同法第3条第1項及び第3項中「特定非常災害の被害者」とあるのは「特定新型インフルエンザ等緊急事態における新型インフルエンザ等のまん延の影響を受けた者」と読み替えるものとする。

【図解・政治】新型インフルエンザ対策特別措置法の仕組み(2020年3月):時事ドットコム

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

今回公表された「政令案」には、次のように発動要件が定められた。 ・新型インフルエンザの対応に必要な物資の価格安定をさせる法律(国民生活安定緊急措置放など)の運用 ・行政上の申請の延長 ・政府が認める金融機関の特別融資など などが法的な裏付けによって可能になります。

12
今夜までだ。 この場合において、同法第85条第1項中「非常災害があつた」とあるのは「新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)第32条第1項の規定により新型インフルエンザ等緊急事態宣言がされた」と、「非常災害区域等(非常災害が発生した区域又はこれに隣接する区域で特定行政庁が指定するものをいう。

新型インフルエンザ等対策特別措置法

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

・ (こちらをクリック!) ・ 「緊急事態の要件」や「使用の制限等の要請の対象となる施設」を規定した政令を組み込んだ条文。

3
第4項において同じ。 )が国内で発生し、その全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼし、又はそのおそれがあるものとして政令で定める要件に該当する事態 (以下 「新型インフルエンザ等緊急事態」という。

新型インフルエンザ等対策特別措置法

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

25 施行• 特措法を所管する西村康稔経済再生担当相は23日の記者会見で「私たちは専門家の意見を聞き、感染状況を見ながら、各地域で知事が適切に判断できるようサポートしている」と説明した。 本会では、今回の特措法及び感染症法の改正案の周知を行うとともに、懲役刑が導入されようとしたことなどに対して広く会員の皆様よりご意見をいただきたいと考えております。 令和2年3月13日公布、3月14日施行) 新型コロナウイルス感染症の発生及びそのまん延により、国民の生命及び健康に重大な影響を与えることが懸念される状況に鑑み、新型コロナウイルス感染症を、新型インフルエンザ等対策特別措置法に規定する新型インフルエンザ等とみなし、同法に基づく措置を実施する必要があることから、新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)の一部を改正する法律が国会で成立し、公布されました。

権限を得た知事たちも、「財源なき権限」に戸惑いながら対応しているのが実情だ。

【コロナウイルス対策】新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案について

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

新型インフルエンザ等対策特別措置法に規定された「国」と「地方」の主な権限 新型コロナウイルスの感染拡大に対応する「国と地方」の役割分担が錯綜(さくそう)している。

8
その改憲案でも、緊急事態宣言の発動、100日ごとの延長は「国会の承認」を要件とし、国会承認がなければ無効になるという内容になっている。 2 特定都道府県知事は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等のまん延を防止し、国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済の混乱を回避するため必要があると認めるときは、新型インフルエンザ等の潜伏期間及び治癒までの期間を考慮して当該特定都道府県知事が定める期間において、学校、社会福祉施設 (通所又は短期間の入所により利用されるものに限る。

新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案 国会に提出 論戦スタート

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

また、感染症法改正案では、病床を確保するため、医療機関などに感染者の受け入れを「勧告」できるよう国や知事の権限を強化し、勧告に従わない場合は機関名を「公表」できるとされています。 議論は平行線をたどっているということです。 政府は、特措法の「政令案」を公表し、マスク非着用者の入場を許した事業者にも罰則を科すことを検討しているようだ。

安倍晋三首相も、4月7日の記者会見で最初に宣言対象となった7都府県での外出自粛を求めた際に「特措法上の権限はあくまで知事が行使するものだが、政府としてみだりに外出しないよう(知事が)要請すべきだと考える」と法律の構造を意識した発言に徹した。 罰則により強制力が付与されるのは、事前に報道されたように、休業や時短だけではない、ということだ。

新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律案 国会に提出 論戦スタート

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

概要は以下のとおりです(内閣官房ウェブサイトより)。 )、第46条 (附則第43条及び第45条 (第4号から第6号までに係る部分に限る。 政府は4月16日に緊急事態宣言を全国に拡大した際も対処方針を改定。

12
)について準用する。 政府は専門家の見解も踏まえ、今後1~2週間が「急速な拡大に進むか終息できるかの瀬戸際」(安倍晋三首相の2月29日の記者会見)と判断。

新型インフルエンザ等対策特別措置法

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

緊急事態宣言でも、政令で、新たな措置、命令、罰則が作れるようになっている。 )、第51条、第52条 (建築基準法第79条第1項の改正規定に限る。

6
)の管理者が正当な理由がないのに検疫法第16条第2項 (同法第34条において準用する場合を含む。 (こちらをクリック!) (この記事は令和2年3月16日時点の情報に基づいています). 同月25日に本格的に論戦がスタートした衆議院予算委員会の基本的質疑において、この法律案に盛り込む罰則(過料)の規定などをめぐり、与野党が攻防を繰り広げたことが、報道で取り上げられています。

マスク非着用者の入場を許したら罰則?

対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等 対策 新型 措置 法 インフルエンザ 特別 改正 等

可決されれば被害は最小限に留まりますが、法的な裏付けによって同時に多くの国民に影響が出てしまうかもしれません。 。

18
)に係る部分に限る。 )、第28条 (第5項を除く。